もしもの時のために保険に加入済みかを確認

紛失や破損があった場合は?

どんな事でもそうですが、いくら入念に準備をしていても

時に予期せぬトラブルに遭遇する事はあります。

 

 

引越しにまつわるトラブルでよく耳にするのが

「引越し作業中に荷物の破損(もしくは紛失)があった」という場合です。

 

 

作業員の皆さんは大事な荷物ですから万が一にもそう言う事が無いように

気をつけて作業している筈ですが、人間である以上100%ミスが起きない、という事はありません。

 

 

そういう時の為に、引越し会社はほとんど全てが

運送業者貨物賠償責任保険」という専用の保険に加入しています。

 

 

 

その会社が適用している保険によって、適用範囲が違ってきますので

事前に業者に確認しておきましょう。

 

 

 

 

ほとんど無いケースではありますが、確認した時点で「保険未加入」と

回答があった場合は、万一の事を考えてその会社は避けた方が良いかも知れません…。

 

 

また、適用範囲であっても破損への対応は「直せるものは修理」が基本になります。

例えば家具や家電についたキズ等ですね。

 

 

引越し保険の最大限度額は1000万円までとなっていますが、

 

 

どうやっても直せないモノに限り、代替品の用意や時価での返金になる事がほとんどです。

粉々に割れてしまった食器や花瓶がこちらに該当します。

 

 

どの対応を取ってもらうにしても、そのモノ自体に思い入れが強い場合は

取り返しの付かない事になりますよね。

 

 

手運びが出来るサイズのモノであれば、とても大事なものは

自分で運ぶのが一番安心できるかもしれません。

 

 

 

最後に、破損では無く紛失だった場合。

 

 

こちらは保険適用内でも、紛失証明ができなければ対応してもらえません。

 

 

手運びできない大事なものは積み込んだ所を写真に収めたり、

作業員さんと指差し確認をしたり、できる限りの「証拠」を残しておくことが大切です。

 

サイトマップ